アコムのキャッシング審査は通りやすいって本当?

「カードローン初心者にも親しみやすい消費者金融」として知られているアコム。

キャッシング審査のほうも他の消費者金融と比べてゆるやかで、いわゆる信販系や銀行系のカードをもてない、という初心者であってもクレジットカードやキャッシングの利用ができるということで重宝されています。

なぜ、他のクレジットカードやキャッシングを利用できない方でもお金を借りることができるのでしょうか。まずは、他のカード会社の申請の仕組みについて見ていきましょう。

日本国内で流通しているクレジットカードには、信販系、銀行系、流通系、航空系、消費者金融系などのカテゴリがもうけられています。

一般的には銀行系、信販系は申請条件が厳しく、場合によっては「年収が500万円以上でなければ無条件で落とされてしまう」ということもあります。

これらのカード会社では通常、ユーザーからの新規申込があった場合、まずは信用情報機関に対し情報の照会を行い、その人が過去にクレジットカードを利用しているかをチェックします。

利用実績が確認された場合、過去に一度でも返済の遅延や債務不履行がないかどうか、登録情報が変更されていないかどうかを細かく確認し、とくに問題がなければカード発行、という流れになります。

カードの利用履歴が信用情報機関に記録されていない場合は自社基準による審査が行われ、年周や性別、家族構成などの情報を点数化したうえでデータベース化し、一定のポイントを上まわっていればカードを発行して良い、と判断されます。

ただし、いわゆる消費者金融系のカードに分類されているアコムのカードは提携している信頼情報機関が異なるため、仮に信販系や銀行系カードに落ちたという方でもその情報が参照されることはなく、よほど年収が低くないかぎりカードが発行される、と考えられるのです。

消費者金融系のカードはクレジットカードであってもキャッシング機能がメインである可能性が高く、業者のほうも「クレジット機能からキャッシング利用へ誘導して手数料収入を増やしたい」という事情があり、カードの発行基準はここ数年でますますゆるくなっていると言われています。

もちろん、カードを持ちやすくなったとはいえキャッシングが「お金を借りる」行為であることに変わりはなく、申込にあたっては収入と支出のバランスを具体的にシミュレーションし、無理のない返済がつづけられるように長期的なスパンで返済プランを組み立てましょう。