即日発行が可能なカードローンを利用する前に

カードローンなどのキャッシングは申し込みをしてから利用可能となるまでに、結構な時間がかかってしまうというイメージを持つ人は多くいます。

しかし近年では、申し込みをしたその日のうちに利用可能となるキャッシング会社も増えてきています

申し込みをしたその日に利用可能となるキャッシングには口座があればその日のうちに融資可能となるものと、口座不要で即日融資が可能であるものの2種類があり、利用する際にはどちらの種類なのかをきちんと把握して利用するようにしましょう。

その日のうちに融資可能となるキャッシングを利用する場合、ほとんどが急ぎでお金が必要をする場面ですので、利用可能かどうかの確認は重要です。

カードの即日発行ができるキャッシングを利用する場合、窓口や自動契約機がある店舗ならばその日のうちにカードを入手できますが、郵送などをしてもらう場合は数日かかるという点も忘れてはいけません

例えば他県にあるキャッシング会社で、インターネット手続きをして発行をしてもらったとしても、カードが無ければ融資をしてもらう事ができないので結局は時間がかかってしまいます。

すべてのキャッシング会社に自動契約機がある訳ではないので、利用する前には必ず自動契約機や窓口があり、そこでカードの発行をしてもらえるかどうかの確認をしておきましょう。

基本的に申し込みから発行までの流れとしては、申し込みをした後に審査結果の連絡を受け、テレビ窓口などに行って本人確認書類の提出、問題が無ければ契約をしてカードを発行してもらう、という流れになります。

基本的に即日融資が可能な会社の場合、窓口や自動契約機まで行く必要がありますので、人目が気になるという場合は人の少ない時間帯や曜日を選んでいく必要があります。

また、当然ですが営業時間外に行っても契約する事はできませんので、利用する前に審査にどのくらいの時間がかかるのか、営業時間が何時までなのかを確認する事も重要です。

即日融資が可能な会社が審査の時間も短い場合が多いですが、銀行系などの場合は審査に時間がかかることもあるので特に注意が必要となります。

即日融資が可能なキャッシング会社を利用する時には、なるべく自宅から近い会社、かつ自動契約機などがあるかどうかの事前確認がとても重要になります。

ホームページなどから詳しい情報を確認し、その上でどの会社を選ぶのかを考えておくと、いざという時にも安心して利用する事が可能になるでしょう。

その際に、金利なども併せて確認しておくと借りた後の返済計画も立てやすくなるのでおすすめです。

キャッシングで借りやすい会社を選ぶポイント

04

カードローンなどを利用する際に、できるだけ借りやすいキャッシング業者を見つけておくと、利用したいと思った時すぐにカードローンなどを利用する事が可能になるでしょう。

ですが普段から頻繁に利用する訳ではありませんし、特に初めて利用するという方は、どういったポイントで選ぶと気軽にカードローンを利用しやすいのかを判断できないのではないでしょうか。

突然急にお金が必要となった際に、スムーズな利用ができないと困る事も多いですから、利用しやすいカードローン会社などを見つける時にはどういったポイントに注目すべきなのかを知っておきましょう。

まず最初に注目しておきたいのが審査スピードで、なるべく審査のスピードが速い会社を選んだ方が良いです。急いでお金が必要だから申し込みをしたのに、審査に時間がかかってしまっては意味がありません。

近年では即日融資可能となっている会社も多いですから、こういった会社を見つけるようにすると急にお金が必要になってしまった場合にも気軽に借りる事ができます。

また、審査の手続きが比較的簡単かどうかという点にも注目しておいた方が良いでしょう。

手続きが複雑で難しいものでは、どうしても審査に時間がかかってしまいますし、なにより気軽に借りにくくなってしまいますからこういったポイントにも注目しておく事がおすすめです。また、金利についても注目しておく事も重要です。

当たり前ですが借りた以上は返さなくてはいけませんから、金利が高い会社から借りてしまうと返済する時に想定していた以上の返済金額になってしまい、返せなくなってしまう危険もあります。

銀行カードローンは低金利である場合が多く、金利が低い会社を選ぶ時には銀行カードローンを選んだ方が良いでしょう。

ただ、銀行カードローンは審査に時間がかかってしまいやすいので、金利が低いというだけで選んでしまうと、審査に時間がかかって利用できないという場合も考えられます。

カードローンなどを利用する場合に気軽に借りる事ができるかどうかは、審査のスピードや金利といったポイントに注目して選ぶようにすると判断しやすくなります。

銀行系カードローンは金利が低いですが審査に時間がかかりやすく、消費者金融系は即日融資が可能であったり審査のスピードが早いものの、金利が高い場合が多いなど一長一短です。

どちらが良いという訳ではなく、自分がお金を必要としている状況に合わせてどちらがより借りやすいのかを考えると、利用する会社を選びやすくなります。

キャッシングの利息の一回払いとリボルビング払いの計算方法と支払い額の違い

527213

皆さんは借り入れの際に、選択肢としてどのような金融業者を選んでいるのでしょうか。

一定の金額であれば、特に難しい審査なども無く、簡単に借り入れのできる消費者金融などは、緊急にお金が必要になった際の、利用者にとっても大変心強いものです。

しかし、借り入れを行う際に、何も考えずにただやみくもに金融業者を選ぶのは、思慮が浅いと言わざるをえません。なぜならば、キャッシングの際に付く利息は、金融会社ごとに異なってくるからなのです。

利息は、単に借り入れの際に借入金につく金利といった意味だけではなく、返済額そのものの額が大きく異なってきます。利用者としても、余分に払うよりも少しでも支払いを抑える為に、借入金と金利の関係をよく学んでおく必要があるのです。

借り入れに際しては、どんな形であれ必ず付いてくる金利ですので、一度理解しておくと後々までも必ず役立ってくれます。よくわからない、面倒臭いといった考えは改め、借り入れに際しての金利の計算方法をまずは、キチンと並んでおきましょう。

借り入れと金利の関係をよく理解する事で、返済に際しても有利に行う事ができますので、金融業者の選定とともに返済計画の見直しにも役立てる事ができるのです。

返済方法については、一回払いとリボルビング払いの2種類の方法がありますが、リボ払いは月々の返済額を決め、返済していくものです。

まず、年利が18%として5万円を借りたと想定すると、30日後に全額返済する場合は「50000円 × 0.18 ÷ 365日 × 30日」といった数式が成り立ちます。

答えは切り上げて740円となりますので、元金の5万円とプラスすると、50740円となることがお分かりいただける事でしょう。

リボルビング払いであれば、毎月一回 5回払いの計算であれば、利息の740円と元金の1/5である1万円を足して、1回目の支払いが10740円となるわけです。

当然、リボルビング払いであれば、次回以降も返済していかなければなりませんが、今回元金のうち1万円を返済していますので、2回目以降は残りの4万円から新たに計算をし直し、「40000円 × 0.18 ÷ 365日 × 30日」という数式から592円という答えを導きだします。

つまり、5万円を借り入れ、毎月一回 5回払いのリボルビング払いであれば、2カ月目の返済額は10592円であることがお分かりいただけるでしょう。

このように、リボルビング払いでは、元金の減少とともに返済額も少しずつ減っていく事がわかります。

消費者金融で初めてお金を借りる際に必要になるものは?

103091

政府による大がかりな規制緩和の影響により、「銀行のローン審査に通らなかった人が消費者金融へ流れる」という動きがもはや当たり前になりつつあります。

それだけ銀行とそれ以外の金融機関ではキャッシングやカードローンの審査基準が違うということになりますが、初めて金融業者でお金を借りるためにはどのようなものが必要になるのでしょうか。

金融機関で初めてお金を借りる場合はまず、金融業者の収入審査を受ける必要があります。収入審査にあたっては運転免許証やマイナンバーカード、源泉徴収票など収入レベルを証明するための公的書類を提出し、審査結果を待つことになります。

銀行の書類審査では最短でも3週間以上の時間がかかりますが、即日融資を謳っているタイプの金融業者ならば最短数分で審査が完了する場合があり、銀行よりも即日融資のほうにニーズが移っている要因にもなっています。

業界のイメージがかなりクリーンアップされ、規制緩和によって返済の負担も軽くなったとはいえ、一般的にはやはり、最初に金融機関からお金を借りる際にはいくらかの心理的抵抗があるようです。

はじめて金融機関を利用する理由としては、月末の予算オーバー、家賃への充当、遊興費の確保などが挙げられます。

最初から無計画に借金を重ねてしまうケースはむしろ少数派であり、ほとんどはやむを得ず少額を借りているうちに返済期間がずるずるとのびてしまう、というケースが多いようです。

金融業者を利用する場合、世の中には「いい借金」と「悪い借金」があることをあらかじめ理解しておく必要があります。いい借金とはつまり、将来に投資するための借金です。

起業や事業拡大など、先を見据えたうえでの借金であれば生産性があり、未来の利益を約束してくれます。

長期的な借入の場合は返済プランも綿密に用意されているため、月々の返済もそれほど負担にならず、最終的には利益だけが残る、というパターンも少なくありません。

一方、「悪い借金」とは、言ってみればその場しのぎの借金です。月末の使いすぎ、遊ぶ金が足りない、もう少しだけギャンブルを楽しみたい……とにかく目の前のピンチを乗り切りたい、という動機による借金は何の生産性もなく、将来にわたってもネガティブな財産だけが残ることになります。

金融業者からお金を借りる際にはまず、なぜ今すぐにお金が必要なのか、ということを慎重に考え、それがいい借金なのか悪い借金なのかをきちんと判断しましょう。

アコムのキャッシング審査は通りやすいって本当?

「カードローン初心者にも親しみやすい消費者金融」として知られているアコム。

キャッシング審査のほうも他の消費者金融と比べてゆるやかで、いわゆる信販系や銀行系のカードをもてない、という初心者であってもクレジットカードやキャッシングの利用ができるということで重宝されています。

なぜ、他のクレジットカードやキャッシングを利用できない方でもお金を借りることができるのでしょうか。まずは、他のカード会社の申請の仕組みについて見ていきましょう。

日本国内で流通しているクレジットカードには、信販系、銀行系、流通系、航空系、消費者金融系などのカテゴリがもうけられています。

一般的には銀行系、信販系は申請条件が厳しく、場合によっては「年収が500万円以上でなければ無条件で落とされてしまう」ということもあります。

これらのカード会社では通常、ユーザーからの新規申込があった場合、まずは信用情報機関に対し情報の照会を行い、その人が過去にクレジットカードを利用しているかをチェックします。

利用実績が確認された場合、過去に一度でも返済の遅延や債務不履行がないかどうか、登録情報が変更されていないかどうかを細かく確認し、とくに問題がなければカード発行、という流れになります。

カードの利用履歴が信用情報機関に記録されていない場合は自社基準による審査が行われ、年周や性別、家族構成などの情報を点数化したうえでデータベース化し、一定のポイントを上まわっていればカードを発行して良い、と判断されます。

ただし、いわゆる消費者金融系のカードに分類されているアコムのカードは提携している信頼情報機関が異なるため、仮に信販系や銀行系カードに落ちたという方でもその情報が参照されることはなく、よほど年収が低くないかぎりカードが発行される、と考えられるのです。

消費者金融系のカードはクレジットカードであってもキャッシング機能がメインである可能性が高く、業者のほうも「クレジット機能からキャッシング利用へ誘導して手数料収入を増やしたい」という事情があり、カードの発行基準はここ数年でますますゆるくなっていると言われています。

もちろん、カードを持ちやすくなったとはいえキャッシングが「お金を借りる」行為であることに変わりはなく、申込にあたっては収入と支出のバランスを具体的にシミュレーションし、無理のない返済がつづけられるように長期的なスパンで返済プランを組み立てましょう。